2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)北北海道の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の北北海道の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)北北海道の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、北北海道代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の北北海道出場校の本命は旭川大高!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季北海道大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季北海道大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の北北海道の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の北海道出場校の本命は旭川大高!

2019年(令和元年)夏の甲子園の北海道の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 旭川大高
対抗 釧路湖陵
遠軽
大穴 滝川西

 

昨夏の100回記念大会に出場し、道内でも安定した戦績を誇る旭川大高を優勝候補の本命に挙げます。

2年の時からクリーンアップに名を連ねるショートの菅原礼央君とレフトの持丸泰輝君は、共に昨夏の甲子園の舞台でヒットを放っています。

強肩強打の持丸君は、新チーム結成以降の秋からキャッチャーと主将を任されているだけでなく、4番を打つ正にチームの攻守の要です。

ボーイズリーグで全国大会の出場経験がある能登嵩都君や、普段はファーストを守る184cmの長身右腕の加藤新大君をはじめ、投手の層が厚いのも魅力的です。

 

北海道屈指の攻撃力を誇る釧路湖陵は、北海道大会において2季連続で上位進出を果たしており、北北海道の対抗としました。

パワフルなバッテイングが魅力のセンターを守る4番を打つ古川敢太君、本塁打が魅力の3番の堀海人君をはじめ、外野の間を抜ける強い打撃力が自慢のチームです。

旭川大をはじめライバル校に勝利し、優勝するには投手陣の出来が鍵になりそうです。

 

2塁までのスローイングタイムが1秒9の強肩捕手の遠軽の浅野駿吾君は、マウンドに上がると北北海道最速の146km/hのストレートを投げ込みます。

ショートを守る2年生の市川竜輝君も投手を兼任しており、選手の起用方法次第では、一気に頂点に立っても不思議ではありません。穴予想とさせていただきました。

 

2017(平成29)年以来の2年ぶりの甲子園出場を狙う滝川西は、バランスの良いチームで大穴予想に挙げました。

エースで右腕の山崎琳久君と左横手投げの2年生の岩崎拓巳君は、共に安定したピッチングが光り、ある程度失点が計算出来るのが強みです。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季北海道大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季北海道大会の結果

2019年(令和元年)春季北海道大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

春季北海道大会は「全道大会」での結果になります。

決勝

駒大苫小牧 7 – 0 苫小牧工

準決勝

駒大苫小牧 12 – 9 札幌第一
苫小牧工 4 – 2 国際情報

準々決勝

駒大苫小牧 6 – 3 旭川大
苫小牧工 13 – 3 釧路湖陵(6回コールド)
札幌第一 7 – 3 滝川西
国際情報 3 – 2 札幌光星(延長10回)

 

前年秋の北海道大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季北海道大会の結果

2018年秋季北海道大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

春季大会と同じく「全道大会」の結果です。

決勝

札幌大谷 9- 6 札幌第一

準決勝

札幌大谷 7 – 6 駒大苫小牧(延長10回)
札幌第一 5 – 1 釧路湖陵

準々決勝

札幌大谷 5 – 1 白樺学園
札幌第一 10 – 8 旭川大高
駒大苫小牧 3 – 0 札幌新川
釧路湖陵 10 – 0 稚内大谷(6回コールド)

 

過去5年間の北北海道からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の北北海道の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の北北海道の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 旭川大高 1回戦敗退
2017 滝川西 1回戦敗退
2016 クラーク国際 2回戦敗退(初戦)
2015 白樺学園 1回戦敗退
2014 武修館 2回戦敗退(初戦)

 

まとめ:北北海道出場校予想

2季連続北海道大会で上位に進出した、強肩強打の持丸君がチームを引っ張る旭川大と、攻撃力が自慢の釧路湖陵の2校が、他校を一歩リードした展開になりそうです。

身体能力抜群の浅野君と市川君と言ったスター候補生を擁する遠軽や、安定した投手力を誇る滝川西も虎視眈々と甲子園出場を狙っています。

攻撃力が高い士別翔雲や、複数タイプの4投手を擁する帯広大谷も優勝に手が届く位置にいます。

また、網走南ヶ丘のサウスポーの石沢大和君とシュアなバッテイングが魅力の本格派右腕の富水大和君は、いずれも最速140キロ台半ばのストレートを投げるプロ注目の投手です。

5回参考記録ながら公式戦で完全試合を達した、白樺学園の桑村皓大君の投球にも目が離せません。

夏の甲子園出場をかけた北北海道大会は「大混戦」が予想されます。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)北北海道の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

関連記事のご紹介!
2019夏の甲子園の前売り券8/18(日)はいつどこで発売されるのか?休養日に当てられていた8/18(日)に4試合予定となった2019年夏の甲子園。単日の前売り券は8/17までしか販売されてませんでしたが、8/18の前売り券も販売されます。ここではいつどこで8/18の前売り券が販売されるのかをまとめました。...
2019年夏の甲子園の代表校のOB(有名人・芸能人)を調べてみた!2019年の夏の甲子園の代表校の有名人OB、芸能人OBには誰がいるのかをシェアしていきます! 甲子園代表校のOBに有名人・芸能人は誰が...
夏の甲子園 2019 予選 日程
【令和元年】夏の甲子園2019の都道府県予選はいつからいつまで?2019年(令和元年)夏の甲子園の都道府県別の予選がいつからいつまでなのかをシェアします。 日程と一緒にトーナメント表、出場校を予想し...
「令和元年」夏の甲子園2019の日程と休養日/昨年からの変更点は?2019年の夏の甲子園は第101回目を数えます。 記念すべき令和元年の夏の甲子園の頂点に立つのはどの学校か!? 今からワクワクが止ま...
【2019夏の甲子園】前売り券の発売日・値段・販売場所チケット種類別まとめ6月に入り夏の甲子園の足音が聞こえてきた今日このごろ。 昨年の盛り上がりが昨日のことのようですが、2019年の夏の甲子園もあと2ヶ月足...
夏の甲子園2019で前売り券を高確率でゲットできる方法を伝授!昨年の夏の甲子園は毎日のように徹夜でチケットを求める列ができて、当日券が買えない日が多くありました。 特に内野席は暑さしのぎにもなるた...
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です