2019年夏の甲子園

「令和元年」夏の甲子園2019の日程と休養日/昨年からの変更点は?

2019年の夏の甲子園は第101回目を数えます。

記念すべき令和元年の夏の甲子園の頂点に立つのはどの学校か!?

今からワクワクが止まりません。

大会の開催日程がすでに発表されており、休養日を含めた変更点がいくつかあります。

ここでは夏の甲子園2019の日程と休養日、昨年からの変更点をまとめます。

「令和元年」夏の甲子園2019の日程と休養日

第101回夏の甲子園大会は8月6日(火)の午前9時から開会式が行われ、熱戦がスタートします。

まず組み合わせ抽選会から決勝戦までの開催日程を見ていきましょう。

 

組み合わせ抽選会は8月3日(土)

組み合わせ抽選会は8月3日(土)の16時から、大阪市北区のフェスティバルホールで行われる予定です。

 

16日間の開催日程と休養日

夏の甲子園2019は休養日2日を含めて16日間、計48試合での開催が予定されています。

開催日程は下記表の通りです。

大会日 日付・曜日 試合数 備考
第1日 8月6日(火) 3 開会式9時~
第2日 8月7日(水) 4 8時試合開始
第3日 8月8日(木) 4 8時試合開始
第4日 8月9日(金) 4 8時試合開始
第5日 8月10日(土) 3 8時試合開始
第6日 8月11日(日) 4 8時試合開始
第7日 8月12日(月) 4 8時試合開始
第8日 8月13日(火) 4 8時試合開始
第9日 8月14日(水) 3 8時試合開始
第10日 8月15日(木) 4 3回戦・8時試合開始
第11日 8月16日(金) 4 3回戦・8時試合開始
第12日 8月17日(土) 4 準々決勝・8時試合開始
休養日① 8月18日(日)  
第13日 8月19日(月) 2 準決勝・9時試合開始
休養日② 8月20日(火)  
第14日 8月21日(水) 1 決勝戦・14時試合開始

(雨天順延などあると都度日付が後ろにズレます)

 

対戦表

第1日:8月6日(火)

第1試合:八戸学院光星 vs 誉
第2試合:佐賀北 vs 神村学園
第3試合:高岡商 vs 石見智翠館

 

第2日:8月7日(水)

第1試合:履正社 vs 霞ヶ浦
第2試合:静岡 vs 津田学園
第3試合:星稜 vs 旭川大
第4試合:秋田中央 vs 立命館宇治

 

第3日:8月8日(木)

第1試合:米子東 vs 智弁和歌山
第2試合:明徳義塾 vs 藤蔭
第3試合:前橋育英 vs 国学院久我山
第4試合:敦賀気比 vs 富島

 

第4日:8月9日(金)

第1試合:花巻東 vs 鳴門
第2試合:飯山 vs 仙台育英
第3試合:習志野 vs 沖縄尚学
第4試合:高松商 vs 鶴岡東

 

第5日:8月10日(土)

第1試合:日本文理 vs 関東一
第2試合:熊本工 vs 山梨学院
第3試合:岡山学芸館 vs 広島商

 

第6日:8月11日(日)

第1試合:筑陽学園 vs 作新学院
第2試合:東海大相模 vs 近江
第3試合:中京学院大中京 vs 北照
第4試合:花咲徳栄 vs 明石商

 

第7日:8月12日(月)

第1試合:宇和島東 vs 宇部鴻城
第2試合:海星 vs 聖光学院
第3試合:智弁学園 vs ○○
第4試合:○○ vs ○○

昨年からの変更点

昨年からの変更点として、休養日と試合開始時間の2つが大きな変更点です。

選手の体調と暑さを考慮しての変更です。

順に詳しくみていきます。

 

休養日が2日間に増加も雨天順延でなくなることも…

2019年の夏の甲子園から休養日が1日増えて2日間になります。

準々決勝の次の日に1日、準決勝の次の日に1日の合計2日間です。

日程表から見て2日連続で試合をするチームが出てくるのは、大会第11日の3回戦と第12日の準々決勝になります。

1回戦から2回戦、2回戦から3回戦の間は最低1日以上空いて試合を行うことになります。

組み合わせ抽選会での運によるところがありますが、できれば3回戦は大会第10日に行いたいと各チーム思うところではないでしょうか。

 

ただし、雨天順延などがあった場合には下記のとおり休養日が変更になります。

  • 3日間の順延があった場合には準々決勝と準決勝の間の休養日②がなくなる
  • 4日間の順延があった場合には休養日自体がなくなる

 

したがって、もし大会第11日目までに4日間の順延があった場合、最悪3回戦から決勝戦まで4日間連続で試合をしないといけないチームが出る可能性があります。

あまり後ろに日程をズラせない事情はあるとは思いますが、もし4日連続で試合を行うといった事態が発生するとそれはそれで別の問題が浮上しそうです。

4日も順延することは考えにくいですが…

昨年は1日も雨天順延はありませんでしたので、2019年の夏の甲子園も同様に晴天に恵まれることを祈るばかりです。

 

3試合日も午前8時から試合開始に

昨年までは3試合日は午前9時半から試合開始でしたが、午前8時からに変更になります。

また、準決勝も午前10時試合開始だったのが午前9時からになります。

少しでも朝の涼しい時間帯に試合を行おうという暑さ対策の一環です。

 

なお、決勝戦は昨年と同様午後2時試合開始の予定です。

決勝戦前日は休養日ですし、準決勝の第1試合を勝ち上がったチームは丸2日の休養日があることになります。




まとめ:夏の甲子園2019の開催日程と休養日

2019年の夏の甲子園の日程と休養日、昨年からの変更点についてまとめると、

  • 8月6日(火)から休養日含めた16日間の日程で開催予定
  • 休養日は準々決勝の次の日と準決勝の次の日の2日間に増加
  • 3試合日も午前8時、準決勝は午前9時に試合開始時刻を前倒し

になります。

夏の猛暑対策と選手の体調管理を考慮した休養日の増加と試合開始時刻の前倒しは評価したい点です。

ただ、

「8月1ヶ月間使って開催してもいい」

「甲子園ではなくドーム球場で開催したらいい」

といった意見もあります。

あくまでも「選手第一」の考えであるべき姿に向かって行ってほしいものです。

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です