2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)徳島県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の徳島県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)徳島県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、徳島県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の徳島県出場校の本命は川島!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季徳島大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季徳島大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の徳島県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の徳島県出場校の本命は川島!

2019年(令和元年)夏の甲子園の徳島県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 川島
対抗 富岡西
徳島北
大穴 徳島商

 

本命:川島高校

2011年に21世紀枠に出場し初戦優勝候補筆頭の大垣日大との激闘を繰り広げたセンバツ大会ぶりの甲子園を目指します。

夏は出場すれば、初出場となります。

秋の徳島大会優勝と実力があり、夏にも期待がもてます。

春は優勝した徳島北に初戦で敗れる波乱がありましたが、夏に向けての本命は川島高校は変わりません。

特に川島の野球は接戦で終盤まで持ち込む守り勝つ野球です。

秋の県大会でも5試合でわずか7失点の堅い守り。

特にエースの細谷投手は連投を苦としない投球で、防御率は1点台と素晴らしい投球内容で秋の徳島大会優勝に導きました。

 

対抗:富岡西

昨年秋の県大会3位ながら四国大会ではベスト4ながら21世紀枠でセンバツに初出場。

結果的に1対3と惜敗に終わりましたが、優勝した東海王者の東邦高校に食らいつく選手の姿は全国の野球ファンの心を打つ試合まさにそのものでした。

悲願の甲子園1勝に向け、夏の大会に挑みます。

エースの浮橋投手は投打にチームの要であり、チャンスに強い3番坂本選手の前にどれだけのランナーをためることが得点のカギになります。

 

穴:徳島北

春季徳島大会優勝と、今最も波に乗っているチーム。

渡部投手に、河野投手と2枚の投手陣をひっさげ、安定した投球で初優勝に導いた。

春の徳島大会5試合で35得点をマークした強力打線も魅力。

投打がかみ合えば、夏の大会のダークホースに名乗り出ます。

 

大穴:徳島商業

こちらは堅実野球の川島高校と違い打撃のチーム。

秋の徳島大会準優勝もすべての試合で2桁安打を放つ強力打線です。

エース村田投手の140キロをこえるピッチングが非常に魅力的ですが、打線の中心でもある二刀流エースでもあるので、投打に活躍が期待されます。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季徳島大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季徳島大会の結果

2019年(令和元年)春季徳島大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

チェレンジマッチ

徳島北 1 – 11 富岡西

決勝

徳島北 6 – 1 徳島商業

準決勝

徳島商業 6 – 2 池田
徳島北 5 – 2 鳴門渦潮

準々決勝

徳島商業 8 – 4 阿南光
池田 7 – 5 鳴門
徳島北 7 – 1 城西
鳴門渦潮 2 – 1 城東

 

前年秋の徳島大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季徳島大会の結果

2018年秋季徳島大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

川島 7 – 4 徳島商業

3位決定戦

富岡西9 – 3 池田

準決勝

徳島商業 3 – 2 富岡西
川島 6 – 2 池田

準々決勝

川島 3 – 2 鳴門渦潮
池田 9 – 3 阿南工、新野、阿南光
富岡西 7 – 0 城東
徳島商業 12 – 3 鳴門

 

過去5年間の徳島県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の徳島県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の徳島県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 鳴門 1回戦敗退
2017 鳴門渦潮 1回戦敗退
2016 鳴門 ベスト8
2015 鳴門 1回戦敗退
2014 鳴門 2回戦敗退(初戦)




まとめ:徳島県出場校予想

近年の徳島大会は鳴門高校の一強が続いてきましたが、今年の大会でその勢力図は書き換えられるチャンスになりそうです。

優勝候補の4校は全て公立校という点も非常に興味がありますが、力の持っている学校が多く秋季大会や春季大会を見ても接戦が非常に多いことが分かります。

また好投手の多いことも特徴で、非常に失点の少ないゲームが目立つこともわかりました。

加えて、秋の県大会優勝の川島に春の県大会優勝の徳島北はともにノーシードから勝ち上がった優勝であり、夏の優勝旗もひょっとしたらノーシードの学校がダークホースになる可能性も。

力が非常に拮抗している県大会になりそうですが、優勝の経験している川島、そしてセンバツ出場の富岡西に加えて伝統校の徳島商業、池田などが後を追う形になる大会になりそうです。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)徳島県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です