2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)香川県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の香川県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)香川県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、香川県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の香川県出場校の本命は高松商業!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季香川大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季香川大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の香川県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の香川県出場校の本命は高松商業!

2019年(令和元年)夏の甲子園の香川県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 高松商業
対抗 尽誠学園
高瀬
大穴 志度

 

本命には選抜大会にも出場した、高松商業を選びました。

際立った強打者はおりませんが、香川卓摩投手、中塚公晴投手の左右の2枚看板が、非常に安定した投球で守備から流れを作ることが出来ます。

選抜大会では初戦で敗れましたが、昨年秋の明治神宮大会ではベスト4まで残り、全国でも戦える力を見せました。

他校に比べて1歩リードしていると言えるでしょう。

 

対抗には尽誠学園を挙げます。

春の県大会は決勝こそ奮いませんでしたが、初戦から4試合連続で打線が2桁安打と、非常に強力です。

そのチームを監督がまだまだ発展途上としており、競争意識の高い環境で個々の力が更に伸びれば、逆転は大いにあり得るでしょう。

 

穴には高瀬を推します。

公立校ながら、監督が選手の主体性を重視した育成で選手を伸ばすことを第一に考えています。

その結果もあり、創部70年目にして初めて県大会4強まで残りました。

春の勢いを自信に出来れば、圧倒的な学校のいない香川では十分に頂点も目指すことは出来ます。

 

大穴として志度高校を挙げます。

昨年の秋の県大会、優勝すれば44年ぶりの優勝というところにはあと一歩届きませんでしたが、

夏の選手権大会の甲子園出場校の丸亀城西を相手に、15-4の大差で勝利した試合がありました。

しかも、15点のうち11点を延長に入ってからの1イニングで挙げております。

爆発的な攻撃力を見せられれば、チャンスはあるでしょう。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季香川大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季香川大会の結果

2019年(令和元年)春季香川大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

四学大香川西 6 – 2 尽誠学園

準決勝

四学大香川西 6 – 1 高瀬
尽誠学園 16 – 1 藤井

準々決勝

藤井 5 – 3 多度津
尽誠学園 4 – 3 藤井学園寒川
高瀬 8 – 6 志度
四学大香川西 8 – 2 大手前高松

 

前年秋の香川大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季香川大会の結果

2018年秋季香川大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

高松商業 7 – 4 志度

準決勝

高松商業 7 – 2 英明
志度 7 – 6 寒川

準々決勝

英明 6 – 1 尽誠学園
志度 9 – 7 大手前高松
高松商業 8 – 1 中央
寒川 8 – 2 香川中央

 

過去5年間の香川県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の香川県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の香川県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 丸亀城西 1回戦敗退
2017 三本松 ベスト8
2016 尽誠学園 2回戦敗退
2015 寒川 1回戦敗退
2014 坂出商業 1回戦敗退




まとめ:香川県出場校予想

昨年秋の県大会は優勝と準優勝の両校ともに、春の県大会は優勝校が、過去5年以内に甲子園に出場経験が無い学校という結果に終わり、いかにも波乱の要素が強い県と言えます。

ここ10年の夏の大会にも計8校が出場していてほとんど重複が見られず、この夏もどこが出場しても不思議はないとも言えます。

昨年の夏の予選で決勝戦を戦った、丸亀城西と高松がいずれも、新チームにってから奮わず、苦戦しています。

今の時点での実力では全く予想が立てられず、各学校がここから夏までにどのような考え方を持って取り組んでいくかや、怪我人を出さずに、夏の大会に挑めるかどうか、そういったことで大きく結果が変わる可能性があると言えるでしょう。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)香川県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です