2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)神奈川県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の神奈川県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)神奈川県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、神奈川県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の神奈川県出場校の本命は横浜!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季神奈川大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季神奈川大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の神奈川県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の神奈川県出場校の本命は横浜!

2019年(令和元年)夏の甲子園の神奈川県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 横浜
対抗 東海大相模
桐蔭学園
大穴 桐光学園

 

本命:横浜

優勝の大本命は昨年秋圧倒的なチーム力を発揮し、神奈川県大会優勝、春の選抜出場の横浜。

エース及川投手プロ注目の左腕。140キロ台中盤のストレートに、切れのある変化球で打者を翻弄します。

投手層の厚さも神奈川トップレベルであり、右の技巧派黒須投手、2年生ながら速球抜群の木下投手などがおり、また、打線でも日本代表の内海選手をはじめ、小泉選手など上位からタレント揃いの打者が並びます。

春の神奈川大会では準決勝で敗れたが、名将渡辺監督から引き継ぎ5年目となる平田監督の腕に今年も期待がかかります。

 

対抗:東海大相模

永遠のライバル横浜を破ることができるか注目です。

秋は準々決勝で横浜に敗れ、リベンジの夏になります。

春の神奈川大会準決勝の鎌倉学園戦では主戦格の野口投手が2安打1失点の完投勝利とゲームを作り春優勝の原動力に。

打者陣においては、元横浜ベイスターズの金城選手の息子である金城選手が中軸をはり、2番遠藤選手は攻撃的な2番打者としての機能しており、一度打ち始めると手が付けられない打線。

エース小笠原を擁した2015年以来の優勝なるか期待です。

 

穴:桐蔭学園

昨年秋の関東大会優勝校で実力十分だが、桐蔭学園は対横浜には分が悪いので”穴”。

しかしながら昨秋の関東大会での戦いぶりは見事であり、エース伊礼投手を中心に豊富な投手陣を武器に県大会、関東大会との過密日程を勝ち抜いたのは伝統校ならではの味。

しかし春の県大会では4回戦で向上にやぶれ、早々に姿を消すことになったが、そこまでの心配ではない。

夏は第3シードが当確であり、組み合わせ次第では波乱を巻き起こす面白い櫓になりそう。

3番を打つ遊撃の森選手は大型内野手。

走攻守に秀でており、桐蔭学園1999年以来の夏の甲子園なるか注目です。

 

大穴:桐光学園

桐光学園は春の県大会準優勝と夏に向けての準備は万全。

優勝候補の一角では一番不気味な存在。

近年では神奈川代表に一番歴史の浅く上り詰めた学校であり、新鋭。

今年の投手陣も伝統の切れ味鋭いスライダーを武器にする投手が多く、特に投手陣の一角である富田投手は先発中継ぎどちらでも可能。

速球派の谷村投手とのコンビで夏の神奈川県大会ダークホースになれるか。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季神奈川大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季神奈川大会の結果

2019年(令和元年)春季神奈川大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

東海大相模 6 – 2 桐光学園

準決勝

東海大相模 4 – 1 鎌倉学園
桐光学園 5 – 3 横浜

準々決勝

横浜 2 – 0 弥栄
桐光学園 11 – 0 相洋
鎌倉学園 4 – 3 向上
東海大相模 12 – 0 藤沢清流

 

前年秋の神奈川大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季神奈川大会の結果

2018年秋季神奈川大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

横浜 11 – 2 桐蔭学園

準決勝

桐蔭学園 10 – 2 厚木北
横浜 2 – 1 慶応

準々決勝

横浜 5 – 2 東海大相模
慶応 8 – 1 横浜商業
厚木北 5 – 4 湘南工科大付属
桐蔭学園 7 – 1 光明相模原

 

過去5年間の神奈川県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の神奈川県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の神奈川県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 慶応(北神奈川) 2回戦敗退
2018 横浜(南神奈川) 3回戦敗退
2017 横浜 1回戦敗退
2016 横浜 2回戦敗退
2015 東海大相模 優勝
2014 東海大相模 2回戦敗退(初戦)




まとめ:神奈川県出場校予想

全国最激戦区神奈川の頂点を決める戦いはやはり地方大会の主役です。

4年連続の甲子園出場を狙う横浜に、東海大相模、桐蔭学園、桐光学園が追う形になりますが、いずれも対横浜戦は秋の大会も含めて非常に僅差の試合が多く、準々決勝以降の好カードではレベルの高い試合になりそうです。

書ききれない部分ではありますが、慶応、日大藤沢、向上、鎌倉学園とあと一歩で足踏みをしている状態であり、ここ最近では古豪の横浜商業もベスト8に
顔を出すなど、非常に力が入り混じる形になっている神奈川大会。

190校の頂点は今年も横浜なのかそれとも別なのか注目です。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)神奈川県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

関連記事のご紹介!
【高校野球春季大会2019】関東大会の試合日程・結果まとめ各都道府県の春季大会上位校が出場する高校野球の地域別春季大会。 夏の甲子園出場を占う意味で参考になる大会で、ここでも勝ち上がった学校は...
2019年夏の甲子園の代表校のOB(有名人・芸能人)を調べてみた!2019年の夏の甲子園の代表校の有名人OB、芸能人OBには誰がいるのかをシェアしていきます! 甲子園代表校のOBに有名人・芸能人は誰が...
「令和元年」夏の甲子園2019の日程と休養日/昨年からの変更点は?2019年の夏の甲子園は第101回目を数えます。 記念すべき令和元年の夏の甲子園の頂点に立つのはどの学校か!? 今からワクワクが止ま...
【2019夏の甲子園】前売り券の発売日・値段・販売場所チケット種類別まとめ6月に入り夏の甲子園の足音が聞こえてきた今日このごろ。 昨年の盛り上がりが昨日のことのようですが、2019年の夏の甲子園もあと2ヶ月足...
夏の甲子園2019で前売り券を高確率でゲットできる方法を伝授!昨年の夏の甲子園は毎日のように徹夜でチケットを求める列ができて、当日券が買えない日が多くありました。 特に内野席は暑さしのぎにもなるた...
夏の甲子園 2019 予選 日程
【令和元年】夏の甲子園2019の都道府県予選はいつからいつまで?2019年(令和元年)夏の甲子園の都道府県別の予選がいつからいつまでなのかをシェアします。 日程と一緒にトーナメント表、出場校を予想し...
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です