2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)東東京の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の東東京の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)東東京の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、東東京代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の東東京出場校の本命は関東一!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季東京大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季東京大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の東東京の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の東東京出場校の本命は関東一!

2019年(令和元年)夏の甲子園の東東京の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 関東一
対抗 二松学舎大付
帝京
大穴 小山台

 

2014年から5年間の東東京の甲子園出場校は、二松学舎高校が3回、関東一高校が2回になっています。

特に2015年の関東一高校のオコエ瑠偉選手の活躍は記憶に新しいところです。

2019年の夏も、関東一と二松学舎の二強は変わらないでしょう。

今回は、春季東京大会の結果から本命を関東一にしました。

実は、2018年の夏も東東京大会でベスト4まで進んでおり、実力は折り紙つきです。

エースの谷幸之助選手を筆頭に注目の選手も多く、投打のバランスがかみ合えば順調に勝ち進んでいくはずです。

 

対抗の二松学舎大付は、昨年夏の甲子園経験者もいて、夏の大会を知りつくしたチームといえます。

特に捕手の山田将義選手は2年生ながら強肩で知られていて、バッティングでもチームを引っ張っています。

2019年春季大会と2018年秋季大会は3回戦で敗退していますが、打線が爆発すれば、二松学舎大付の夏の甲子園の出場の可能性は高いでしょう。

 

穴予想にした帝京高校は、2012年以降は夏の甲子園から遠ざかっていますが、2019年の春季大会と2018年の夏の東東京大会ではベスト8まで進んでいます。

2年生の小松涼馬選手は、東京都選抜にも選ばれており、バッティングに期待ができます。

帝京高校は本来の力が出せれば、かなり怖いチームといえるでしょう。

 

最後に紹介する小山台高校は、2018年夏の東東京大会では、準優勝しているチームです。

2019年春季大会もベスト4まで進出しており台風の目になるかもしれません。

2014年の選抜には、21世紀枠で出場しており、夏の初出場も期待できます。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季東京大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季東京大会の結果

2019年(令和元年)春季東京大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

国士舘 3 – 4 東海大菅生

準決勝

小山台 3 – 10 国士舘
関東一 3 – 4 東海大菅生

準々決勝

国士舘 7 – 5 帝京
日大三 5 – 12 東海大菅生
関東一 6 – 3 国学院久我山
早稲田実 6 – 7 小山台

 

前年秋の東京大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季東京大会の結果

2018年秋季東京大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

東海大菅生 3 – 4 国士舘

準決勝

東海大菅生 3 – 0 早稲田実
国士舘 5 – 1 東亜学園

準々決勝

岩倉 1 – 3 東海大菅生
日体大荏原 1 – 10 早稲田実
城東 1 – 9 国士舘
東亜学園 10 – 7 国学院久我山

 

過去5年間の東東京の代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の東東京の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の東東京の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 二松学舎大付 3回戦敗退
2017 二松学舎大付 3回戦敗退
2016 関東一 1回戦敗退
2015 関東一 ベスト4
2014 二松学舎大付 3回戦敗退




まとめ:東東京出場校予想

強豪校が揃っている東東京は、夏の大会も混戦が予想されます。

その中でも、関東第一と二松学舎は頭ひとつ抜けている感じがします。

2014年以降の5年間は、この2校が甲子園に出場しているので、最も出場に近い位置にいるのではないでしょうか。

 

ただ、番狂わせがあるのが高校野球。

甲子園で優勝経験がある帝京や2014年に春の選抜に出場してから確実に力をつけている小山台も期待ができます。

帝京は2年生に実力がある選手が多く、2019年の夏に出場が決まれば、再び帝京時代がはじまるかもしれません。

 

小山台が出場すれば、2003年の雪谷以来の都立高校の代表になります。

春の選抜で千葉の習志野高校が準優勝したように、公立高校の活躍も目立つ甲子園。

小山台高校の雄姿を夏の大会で見れたら嬉しいというファンもいることでしょう。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)東東京の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

関連記事のご紹介!
【高校野球春季大会2019】関東大会の試合日程・結果まとめ各都道府県の春季大会上位校が出場する高校野球の地域別春季大会。 夏の甲子園出場を占う意味で参考になる大会で、ここでも勝ち上がった学校は...
2019年夏の甲子園の代表校のOB(有名人・芸能人)を調べてみた!2019年の夏の甲子園の代表校の有名人OB、芸能人OBには誰がいるのかをシェアしていきます! 甲子園代表校のOBに有名人・芸能人は誰が...
「令和元年」夏の甲子園2019の日程と休養日/昨年からの変更点は?2019年の夏の甲子園は第101回目を数えます。 記念すべき令和元年の夏の甲子園の頂点に立つのはどの学校か!? 今からワクワクが止ま...
【2019夏の甲子園】前売り券の発売日・値段・販売場所チケット種類別まとめ6月に入り夏の甲子園の足音が聞こえてきた今日このごろ。 昨年の盛り上がりが昨日のことのようですが、2019年の夏の甲子園もあと2ヶ月足...
夏の甲子園2019で前売り券を高確率でゲットできる方法を伝授!昨年の夏の甲子園は毎日のように徹夜でチケットを求める列ができて、当日券が買えない日が多くありました。 特に内野席は暑さしのぎにもなるた...
夏の甲子園 2019 予選 日程
【令和元年】夏の甲子園2019の都道府県予選はいつからいつまで?2019年(令和元年)夏の甲子園の都道府県別の予選がいつからいつまでなのかをシェアします。 日程と一緒にトーナメント表、出場校を予想し...
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です