2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)三重県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の三重県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)三重県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、三重県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の三重出場校の本命は菰野!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季三重大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季三重大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の三重県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の三重県出場校の本命は菰野!

2019年(令和元年)夏の甲子園の三重県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 菰野
対抗 津田学園
木本
大穴 宇治山田商業

 

本命には菰野高校を挙げます。

注目の選手はドラフト指名の候補にも名前が挙がっている岡林勇希投手、プロ野球の広島東洋カープの岡林飛翔投手の弟に当たり、1年時の初登板から140km/hを投げた、最速150km/hを誇る投手です。

昨年夏には、最終的にはメンバーに選ばれませんでしたが、侍ジャパンU-18の一字候補としても2年生ながら名前が上がった投手です。

投げる際にグラブを高く上げる、全身を使った独特のフォームで、球速以上に球を速く感じさせており、高校生ではなかなか打つことが難しいです。

打撃でも長打を打ち、チームの中心として活躍できる選手であり、優勝候補として挙げました。

 

対抗には津田学園高校を挙げます。

秋の東海大会では、甲子園優勝の東邦高校に敗れはしましたが、堂々の準優勝と力を見せました。

こちらも投手が注目であり、その選手は前佑囲斗投手、180㎝を超える大柄な体格から、最速148km/hの直球を投げられます。

秋の東海大会では2試合連続の2桁奪三振と三振を奪う能力も高く、制球力にも確かなものがあります。

逆転可能な対抗校として推します。

 

穴には木本高校を推します。

昨秋の県大会の松阪・牟婁地区予選では1位に輝き、三重県の21世紀枠の候補校にも選ばれました。

学校の裏にある山や浜でトレーニングを重ね、筋力を付けており、夏に県を制する可能性も十分にあります。

 

大穴には宇治山田商業高校を選びました。

近年は甲子園からも大きく遠ざかっておりますが、元々力がある学校で、春の地区大会では伊勢高校を大差で破り、本戦でも準々決勝で大差を付けられていた中で、終盤追い上げを見せました。

打力を存分に発揮できれば、可能性もなくは無いでしょう。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季三重大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季三重大会の結果

2019年(令和元年)春季三重大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

津田学園 10 – 9 菰野

3位決定戦

津商 5 – 4 いなべ総合

準決勝

津田学園 2 – 1 津商
菰野 10 – 6 いなべ総合

準々決勝

津商 9 – 7 津西
いなべ総合 9 – 7 宇治山田商
津田学園 10 – 2 近大高専
菰野 11 – 2 桑名工

 

前年秋の三重大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季三重大会の結果

2018年秋季三重大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

菰野 10 – 0 三重

3位決定戦

津田学園 4 – 0 海星

準決勝

三重 8 – 2 海星
菰野 3 – 2 津田学園

準々決勝

海星 5 – 3 近大高専
三重 8 – 0 暁
津田学園 5 – 4 伊勢工
菰野 4 – 0 木本

 

過去5年間の三重県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の三重県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の三重県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 白山 2回戦敗退(初戦)
2017 津田学園 2回戦敗退
2016 いなべ総合 3回戦敗退
2015 津商 2回戦敗退
2014 三重 準優勝




まとめ:三重県出場校予想

プロ注目の岡林投手を擁し、秋は大差で県大会を制し春も準優勝を果たした菰野高校。

そして、秋は県3位ながら選抜甲子園に出場し、春の大会では秋に敗れた菰野高校を倒した津田学園の2校が本命ですが、両校ともに、エースに次ぐ2番手投手がそこまで強力とは言えません。

特に三重県は、夏の代表校はここ5年いずれも異なる学校が出場しており、特にここ2年は初出場の学校が甲子園の切符を手に入れています。

昨秋もシード校7校のうち、5校が初戦で敗れるといった波乱の大会で、結局シード校はいずれも東海大会へ進むことができなかった県です。

先に挙げた木本のように、初出場を目指す学校にも十分なチャンスがあり、簡単におさまらない可能性が高いです。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)三重県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です