2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)岐阜県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の岐阜県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)岐阜県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、岐阜県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の岐阜出場校の本命は大垣日大!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季岐阜大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季岐阜大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の岐阜県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の岐阜県出場校の本命は大垣日大!

2019年(令和元年)夏の甲子園の岐阜県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 大垣日大
対抗 中京学院大中京
県岐阜商
大穴 岐阜第一

 

本命には大垣日大高校を挙げます。

注目は何と言っても、投打で活躍できる内藤圭史選手です。

特別大柄ではありませんが、力強い投球と打力が持ち味です。

特に打力に関しては、1年次の甲子園でクリーンアップの5番を任され、強豪の天理高校戦で3本のヒットと猛打賞の活躍を見せました。

この他に、小野寺優斗選手という打者もおり、こちらも昨年の夏の甲子園で2年生ながら1試合で2本塁打という力強い打撃を見せました。

そのような下級生の頃から、プロからも注目選手を複数擁しているところから大本命と言ってよいでしょう。

 

対抗には中京学院大中京を挙げます。

昨年の秋には大垣日大高校を接戦の末に破り、東海大会でも甲子園優勝の東邦高校を相手に9回まで5点をリードするといった試合を見せました。

甲子園にこちらが出ていてもおかしくなかった、そう言えるチームであり、対抗として選びました。

 

穴には県岐阜商業を挙げます。

春の大会ではストレートの最速147km/hを誇る、松井大輔投手を右膝の怪我、2番手格の森大河投手を右手指の怪我で欠きながらも準優勝を果たしました。

他の投手がこれから育ってくれば、夏の甲子園出場の可能性はあるでしょう。

 

大穴には岐阜第一を挙げます。

2001年の選抜以来、甲子園から遠ざかっていますが、秋春共にベスト4は力のある証拠です。

春の大会の結果を自信にして、更に成長できれば期待は持てると考え、大穴として推します。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季岐阜大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季岐阜大会の結果

2019年(令和元年)春季岐阜大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

大垣日大 4 – 1 県岐阜商

3位決定戦

中京学院大中京 9 – 2 岐阜第一

準決勝

県岐阜商 4 – 2 岐阜第一
大垣日大 5 – 3 中京学院大中京

準々決勝

県岐阜商 2 – 1 美濃加茂
岐阜第一 2 – 0 帝京大可児
中京学院大中京 8 – 3 岐阜総合
大垣日大 4 – 2 大垣商業

 

前年秋の岐阜大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季岐阜大会の結果

2018年秋季岐阜大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

中京学院大中京 3 – 1 大垣日大

3位決定戦

岐阜第一 8 – 1 県岐阜商業

準決勝

大垣日大 4 – 3 岐阜第一
中京学院大中京 3 – 2 県岐阜商業

準々決勝

岐阜第一 8 – 5 海津明誠
大垣日大 3 – 0 美濃加茂
中京学院大中京 10 – 0 市岐阜商業
県岐阜商業 2 – 1 岐阜

 

過去5年間の岐阜県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の岐阜県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の岐阜県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 大垣日大 2回戦敗退
2017 大垣日大 2回戦敗退(初戦)
2016 中京学院大中京 2回戦敗退
2015 岐阜城北 1回戦敗退
2014 大垣日大 2回戦敗退




まとめ:岐阜県出場校予想

岐阜の県大会は秋の大会で準決勝に残った4校が春もそのままベスト4に残り、そういった意味では大きな実力の変動はなかったと言って良いでしょう。

その中でも大本命となるのが大垣日大高校です。

先に挙げた2選手の他にも、打撃ではまだまだ注目の選手がいます。

その一方で、春の県大会の決勝は機動力を生かした野球で9盗塁で決勝戦を制し、打撃力や投手力に加え、機動力も持ち合わせているといった圧倒的な力を見せました。

この大本命に対し、いかに「打倒大垣日大」を掲げて、ここに続く強豪3校が対策を立てて挑んでいくことが出来るのかに注目です。

県岐阜商業は2人の投手を欠きながら、他の選手で、県準優勝を果たしたように、各学校のここからの新戦力の登場も見ものとなるでしょう。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)岐阜県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です