2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)兵庫県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の兵庫県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)兵庫県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、兵庫県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の兵庫出場校の本命は明石商業!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季兵庫大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季兵庫大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の兵庫県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の兵庫県出場校の本命は明石商業!

2019年(令和元年)夏の甲子園の兵庫県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 明石商業
対抗 神戸国際大付属
報徳学園
大穴 姫路南

 

本命:明石商業

プロ注目右腕の2年生エース中森投手は、春のセンバツベスト4と明石商業躍進の立役者。

最速147キロの速球を軸に優勝した東邦打線を最後まで苦しめました。

また、スタミナも抜群で中森投手なくしての明石商業の躍進はなかったといっても過言でははありません。

また、打線にもプロ注目の逸材がいます。

4番を打つ安藤選手は恵まれた体格から放つライナー性の打球が特徴です。

走攻守三拍子そろった4番打者として相手の投手陣にプレッシャーを与えます。

絶対的エースと絶対的な打者がそなわっており、投打にバランスの取れた明石商業が夏の兵庫大会でも優勝候補の筆頭です。

 

対抗:神戸国際大付属

兵庫県きってのスラッガー柴野選手を中軸に据え、打撃力で相手を圧倒する野球が目立ちます。

しかし投手力も非常に高く、特に春の大会準決勝、決勝と一人で投げぬいた右のサイドハンド松本投手はスタミナ十分。

高校数の多い兵庫だけに投手力の層の厚さが、夏の大会には直結してきますから、スタミナのある投手は重宝されます。

夏も自慢の打線と投手力がかみ合えば、上位進出は間違いないでしょう。

 

穴:報徳学園

昨年秋の県大会では社との大激戦を制して、3位で近畿大会に出場しましたが、近畿大会準々決勝で明石商業に敗れ、選抜選考基準のベスト8を満たしながらも選出されることなく
悔しい結果となりました。

2年続けての夏の甲子園へ、昨年は記念大会であり、東兵庫、西兵庫と2校代表制でしたが、今大会は1代表に戻ります。

昨年共に甲子園出場を果たした明石商業がライバルとして立ちはだかります。

エースの林投手は1年生からベンチ入りを果たしていた好投手であり、右打者の胸元、もしくはカウントがとれるスライダーを持っており期待されています。

春の大会では早々に敗れてしまいましたが、実力校であることと2年連続の甲子園出場がかかる大会なので穴評価です。

 

大穴:姫路南

秋の大会では兵庫大会2回戦で明石商業に敗れましたが、春はベスト4。

そして名門東洋大姫路を3位決定戦でコールドで破るなど、兵庫に突然の旋風を巻き起こしました。

夏もその勢いそのままにかけあがることができるのか注目です。

チームは接戦をものにするスタイルの方が多く、3位決定戦だけを見ると一件大味に見えますが、実は終盤までの競ったゲームをものにしています。

後半の1点勝負では力を発揮してきそうです。

軸は左腕エースの照峰投手。140キロ台の速球が武器の好投手です。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季兵庫大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季兵庫大会の結果

2019年(令和元年)春季兵庫大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

神戸国際大付属 5 – 2 須磨翔風

3位決定戦

姫路南 8 – 0 東洋大姫路

準決勝

神戸国際大付属 3 – 2 姫路南
須磨翔風 2 – 1 東洋大姫路

準々決勝

須磨翔風 3 – 2 西宮東
神戸国際大付属 10 – 0 武庫荘総合
姫路南 4 – 3 社
東洋大姫路 6 – 1 明石南

 

前年秋の兵庫大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季兵庫大会の結果

2018年秋季兵庫大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

明石商 3 – 2 神戸国際大付属

3位決定戦

報徳学園 4 – 3 社

準決勝

神戸国際大付属 5 – 4 報徳学園
明石商 7 – 2 社

準々決勝

報徳学園 1 – 0 東播磨
明石商 8 – 5 育英
神戸国際大付属 11 – 0 六甲アイランド
社 4 – 1 市尼崎

 

過去5年間の兵庫県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の兵庫県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の兵庫県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 報徳学園(東兵庫) ベスト8
2018 明石商業(西兵庫) 1回戦敗退
2017 神戸国際大付属 3回戦敗退
2016 市尼崎 1回戦敗退
2015 滝川二 2回戦敗退
2014 神戸国際大付属 1回戦敗退




まとめ:兵庫県出場校予想

報徳学園や東洋大姫路といった全国制覇の経験のある名門私立がある中で、近年の兵庫県大会の公立校の活躍は素晴らしいものがあります。

特に今春の選抜ベスト4の明石商業もそうですが、3年前の甲子園も市立尼崎高校が出場するなど、ここ5年間でかなり出場校も変わった顔ぶれになってきました。

150校以上がひしめく、全国有数の大混戦ブロックでありながら、公立校が甲子園の土を踏めることは中々ないことだと思います。

今大会ではセンバツでも名をはせた中森投手が中心の明石商業が本命であることは変わりません。

しかし、一筋縄ではいかないのが県予選。

1年生の頃から夏、春と1度も甲子園を逃したことないエースにどのような夏の”試練”が待ち受けているのか、注目して見ていきたいです。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)兵庫県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

関連記事のご紹介!
【高校野球春季大会2019】近畿大会の試合日程・結果まとめ各都道府県の春季大会上位校が出場する高校野球の地域別春季大会。 夏の甲子園出場を占う意味で参考になる大会で、ここでも勝ち上がった学校は...
2019年夏の甲子園の代表校のOB(有名人・芸能人)を調べてみた!2019年の夏の甲子園の代表校の有名人OB、芸能人OBには誰がいるのかをシェアしていきます! 甲子園代表校のOBに有名人・芸能人は誰が...
「令和元年」夏の甲子園2019の日程と休養日/昨年からの変更点は?2019年の夏の甲子園は第101回目を数えます。 記念すべき令和元年の夏の甲子園の頂点に立つのはどの学校か!? 今からワクワクが止ま...
【2019夏の甲子園】前売り券の発売日・値段・販売場所チケット種類別まとめ6月に入り夏の甲子園の足音が聞こえてきた今日このごろ。 昨年の盛り上がりが昨日のことのようですが、2019年の夏の甲子園もあと2ヶ月足...
夏の甲子園2019で前売り券を高確率でゲットできる方法を伝授!昨年の夏の甲子園は毎日のように徹夜でチケットを求める列ができて、当日券が買えない日が多くありました。 特に内野席は暑さしのぎにもなるた...
夏の甲子園 2019 予選 日程
【令和元年】夏の甲子園2019の都道府県予選はいつからいつまで?2019年(令和元年)夏の甲子園の都道府県別の予選がいつからいつまでなのかをシェアします。 日程と一緒にトーナメント表、出場校を予想し...
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です