2019年夏の甲子園

夏の甲子園2019(令和元年)静岡県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年の夏の甲子園は8月6日(火)に開幕します。

第101回目をむかえる「令和元年」の夏の甲子園。

49の代表校が全国制覇を目指して熱い戦いを繰り広げます。

そこで今回は、2019年夏の甲子園の静岡県の出場校を予想してみました。本命はどの高校なのでしょうか?

夏の甲子園2019(令和元年)静岡県の出場校予想!本命はどこだ!?

2019年(令和元年)の夏の甲子園、静岡県代表の出場校予想について。

ここでは、

  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)の静岡出場校の本命は静岡高校!
  • 「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季静岡大会の結果
  • 「夏の甲子園」2018年秋季静岡大会の結果
  • 「夏の甲子園」過去5年間の静岡県の代表校と甲子園成績

の順に見ていきます。

「夏の甲子園」2019年(令和元年)の静岡県出場校の本命は静岡高校!

2019年(令和元年)夏の甲子園の静岡県の出場校を本命~大穴まで予想しました。

本命 静岡
対抗 常葉大菊川
常葉大橘
大穴 清水桜ヶ丘

 

本命不在、混迷の静岡予選!

本命不在と表現するべきか、団子状態、ドングリの背比べと表現するべきかは人によって違うと思いますが、全国でトップクラスの予想の難しい県と言っていいはずです。

春、秋の県ベスト8の顔ぶれが加藤学園以外が違うのに加えて、藤枝明誠や静清など近年スポーツに力を入れている私学や掛川西の伝統校が優勝しても全く不思議ではないのが現状だと言えます。

混迷の時はえてしてノーマークの常連校、もしくは勢いに乗ったまま勝ち上がって全国大会初出場するケースがままあります。

 

その意味で本命、対抗は公立の静岡、私立の常葉大菊川の「静岡の高校野球の顔」の2チームを挙げます。

 

静岡高校は春季一回戦敗退の雪辱、これが劇薬になる可能性が高いはずです。

秋季大会は3位で、例年と比べて力が落ちるわけでもないのは周知の通りでしょう。

春季一回戦敗退によりシード権を得ることができなかっただけに、シード校にとっては脅威の存在です。

 

常葉大菊川は春季は常葉対決で常葉大橘高校に競り負けましたが、トータルで穴のないチームで西部1位の実績は侮れません。

 

穴はやはり実績校でもあり春季大会県3位の常葉大橘を推します。

主戦の市川投手はMAX147キロ超の本格派右腕で注目の選手です。

ただし春季中部地区1位の静岡商、春季県2位、秋季県4位の加藤学園等伏兵が多数存在し、本命~穴までが紙一重なのは間違いないところです。

 

大穴は学校統合後初出場を狙う清水桜ヶ丘高校を推します。

突出した選手は不在ですが、春季大会準優勝の加藤学園を秋季大会では3安打9三振で抑えた敦賀を擁し、21世紀枠での甲子園出場を逃した鬱憤を晴らすチャンスは充分あるはずです。

今年はサッカー部が現在プリンスリーグ東海で首位、男子バレー部にU18日本代表選手所属、インハイ常連の男子ハンドボール部と学内で他球技の部活が活躍しているだけに刺激を受けている面もプラスに作用するのではないでしょうか。

 

次に夏の甲子園出場を占う意味で最も直近の大会である、2019年春季静岡大会の結果をご紹介します。

 

「夏の甲子園」2019年(令和元年)春季静岡大会の結果

2019年(令和元年)春季静岡大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

浜松商 13 – 5 加藤学園

3位決定戦

常葉大橘 12 – 5 浜松工

準決勝

浜松商 8 – 7 浜松工
常葉大橘 0 – 7 加藤学園

準々決勝

常葉大菊川 2 – 3 常葉大橘
浜松工 6 – 2 飛龍
静岡商 5 – 6 浜松商
浜松西 2 – 4 加藤学園

 

前年秋の静岡大会からもメンバーが多く残っている学校が多いので、出場校予想には良い判断材料です。

 

「夏の甲子園」2018年秋季静岡大会の結果

2018年秋季静岡大会の準々決勝以降の結果をお届けします。

決勝

御殿場西 6 – 5 清水桜ヶ丘

3位決定戦

静岡 6 – 5 加藤学園

準決勝

御殿場西 9 – 3 静岡
清水桜が丘 4 – 1 加藤学園

準々決勝

御殿場西 7 – 3 島田商
静岡 12 – 2 知徳
清水桜ヶ丘 5 – 4 東海大学翔洋
加藤学園 5 – 2 清水東

 

過去5年間の静岡県からの代表校と甲子園での成績はどうだったのでしょうか?

 

「夏の甲子園」過去5年間の静岡県の代表校と甲子園成績

2014~2018年の過去5年間の静岡県の夏の甲子園代表校と、大会での成績をお届けします。

年度 代表校 甲子園成績
2018 常葉大菊川 3回戦敗退
2017 藤枝明誠  1回戦敗退
2016 常葉大菊川 2回戦敗退(初戦)
2015 静岡 1回戦敗退
2014 静岡 1回戦敗退




まとめ:静岡県出場校予想

「静岡は野球王国」とオールドファンは言いますが、いまいちピンとこない人の方が多いでしょう。

選手の分散化、県公立志向が強い、これはサッカーと同じ状況です。

県別の勝ち星の順位も一気に落ちました。

ここ10年で5勝しか夏の甲子園の勝ち星がなく、出場高校は静岡とダブル常葉が三回ずつで分けあっている形です。(※藤枝明誠が1回)

正直、本命と大穴は不在でありどこが勝ってもおかしくないのは間違いないです。

秋季大会はベスト8に清水東、清水桜ヶ丘、東海大翔洋、清水勢の台頭がありました。

春季大会では浜松商の優勝は16年ぶりであり、浜松工はベスト4に食い込み浜松勢の復権の兆しも見えました。

これが実際の夏の甲子園の静岡県予選にどう繋がってくるのか、注目すべきところです。

 

以上、「夏の甲子園2019(令和元年)静岡県の出場校予想!本命はどこだ!?」についてでした。

他府県の出場校予想はこちらからご覧ください。

 

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です